炊き餌‼︎

こんにちは。

 

今回は牛の餌についての話題です。

 

 

牛においても餌の中身は違いますが、一般的には配合飼料と牧草で育てられます。

 

しかし本当に美味しいお肉を追求するときは、育て方に加えて、当然餌のこだわりが必要です‼︎

 

そこで今回Farmanicが取り組むのが、『炊き餌』です。

 

谷本牧場さんでは昔実際に行っていたことなのですが、麦や大豆を釜で煮て、それを牛に食べさせるという手法です。

 

かなりの手間がかかるので、今は行っていないのですが、『炊き餌』を食べた牛は脂の融点が低くなり、

 

香りも素晴らしく、口の中に入れた時に脂がトロける最高のお肉になるんです。

 


 

この『炊き餌』の原料をFarmanicで作った無農薬の小麦、大豆を使用し、少数ですが復活させることにしました‼︎

 

どんなお肉になるのかまだまだ未知数ですが、最高の牛肉作りに向けて頑張っていきます‼︎

 

ではまた。

 

———————————————————-

 

卵、農産物の購入、農場見学希望の方はこちら

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Translate »