卵の取り扱いと保存について

こんにちは。

 

今日は卵の取り扱い方法と保存方法についてまとめさせていただきます。

 

卵はなんとなく腐りやすいイメージもありますがそれは割った卵の話です。

 

 

割っていない卵は、市販の卵でも涼しければ常温で2ヶ月ぐらい、

 

暑くても2週間ほどの賞味期限があります。

 

Farmanicの卵のような自然卵の場合は洗卵という卵を洗う工程を行っていないので、

 

卵表面のクチクラ層が壊れずに残っています。

 

これによって、市販の卵よりもより保存性の高い卵になっています。

 

 

念のため賞味期限は常温で2週間としておりますが、

 

消費期限であれば、2ヶ月は大丈夫だと思います。

 

しかし、今の時期は気温が高すぎるので、パックのまま冷蔵庫に保存してもらうと、安心です。

 

パックから出しての保存は、ヒビが入る可能性もありますし、

 

洗卵してない卵ですので、お勧めしません。

 

ちなみに割った卵は直ぐに腐りますし、サルモネラ菌も繁殖しますので、

 

できるだけ早く、その日のうちに消費するようにしてください。

 

ではまた。

 

————————————————————————-

 

卵、農産物の購入、農場見学希望の方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Translate »