有機農法と自然農法と枝豆

こんにちは。

 

昨日『日の丸大豆』の種まきをしましたが・・・・

 

先日蒔いた『秘伝大豆』『丹波黒大豆』の種が余っていたので、

 

 

枝豆として食べる目的で、山の方にある小さい畑に種まきしました。

 

枝豆が食べられるのは夏の終わりになりそうですが、

 

無肥料で育てた枝豆はとてつもなく美味しいので本当に楽しみです・・・

 

ところで、Farmanicでは草生栽培や有機栽培といった色々な栽培方法を行っていますが、

 

それについて少し説明をしておこうと思います。

 

私たちの言う草生栽培というのは一般的には『自然農法』と言われるものに該当します。

 

(自然農法でのかぼちゃの栽培)

 

これは無肥料、無農薬、不耕起、草生栽培が基本となる農法です。

 

 

それに対して『有機農法』は無化学肥料、無農薬の栽培方法をさします。

 

正式に『有機』と言うと有機JAS法にのっとった栽培方法をしなければいけないのですが、

 

Farmanicの栽培基準の方がJAS法よりも厳しいので、

 

わかりやすく無化学肥料、無農薬の栽培を『有機農法』と呼んでいます。

 

Farmanicでは野菜は自然農法、

 

麦、米、大豆などの主食になるようなものは有機農法で栽培しています。

 

(有機農法での小麦の栽培)

 

自然農法の方がより中身の充実した農産物が作れるのは理解しているのですが、

 

主食となる穀物を自然農法で作ると、量の確保が難しく、

 

価格が高くなりすぎるという問題があります。

 

トラクターなどで耕さないので、種まきが非常に手間がかかり、

 

雑草の管理がほとんど手作業になってしまうからです。

 

最も沢山食べる主食は、安全・安心で毎日続けられることを第一に考えて

 

有機農法での栽培をしています。

 

香りや健康効果を大切にしたい野菜においてはその美味しさを最大限に引き出すために

 

自然農法による栽培をしています。

 

どちらの栽培方法であっても、

 

『食べる意味のある美味しい食べ物を作る』と言う考えを基本に

 

これからも頑張っていきます‼︎

 

ではまた。

 

————————————————————————–

 

卵、農産物の購入、農場見学希望の方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Translate »