踏み込み温床作り

こんばんは。

 

今日は一週間後にやってくる雛たちの小屋作りをしました。

 

雛は温度調節がまだまだ苦手なので、最初だけ加温していて、

Farmanicでは、雛の加温に踏み込み温床の発酵熱を利用しています。

 

小屋はコンパネで枠を作りますそれに金網で蓋をするのですが・・・

 

その小屋の床を踏み込み温床にしていきます。

まずは藁をひいて。

その上におからを振り撒きます。

 

そしてまた藁を上から振り撒いて、踏み込みます。

この作業を10回ぐらい繰り返して、最後に水をかければ完成です。

 

 

踏み込むことで中の空気がぬけ、微生物の発酵がゆっくり長く続きます。

これにより湿度と温度がいい感じに保たれ、雛にとって快適な環境が出来上がります。

 

ではまた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Translate »